とりとめもない日記

2006年02月21日

久しぶりの更新!

うわっ!
およそ一月ぶりの更新・・・。

職場が変わってずぅっとこっちに手出せずじまいでした。
そんなこんなしてる間にもいろんなニュースが出てきて、まったく生きてると飽きることないですねぇ。

話題はいろいろありますが、今1番、というか明日1番HOTな話題といえば、
やっぱり竹島でしょうね〜

割と向こうも穏やか?と思ってたら住みはじめちゃいましたもんねー!
ヤ○ザですか・・・。
国際裁判に持ってけばすぐ解決するのに、そうしないのは
「そういう場所に持っていくと日本が裏から手をまわすに違いないからだ!」とか
いう妄言吐きまくってる某漫画もあるし(笑)
笑い事じゃないのは韓国全体でそういう発想をもってること。
1番問題なのは整形大統領なんだけどねー。

ついでに明日といえば!
↓こちらの発売日でございます♪♪
今回は在日問題に重点を置いているそうです。


マンガ嫌韓流2


引き続きこちらも↓
マンガ嫌韓流

↓これ、カバーはずすと割とおとなしめです(笑)
嫌韓流 実践ハンドブック 反日妄言撃退マニュアル

別冊宝島『嫌韓流の真実! 場外乱闘編』



enokinohitorigoto at 22:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年01月26日

国防を考えてみる

昨年の8月にブログを始めてから半年。
ホント、何の疑いもなく「冬ソナ」を観てた(笑ってた)あの頃に比べると
多少の知識はついた、と言っていい。(ハズ)
それでもまだまだわからないことばかり。
だから前進は続けなくちゃいけない。

そんな中今週出た2つの事件はかなり重要だと思う。
前途した通り、「自衛隊ミサイルデータの朝鮮総連への流出」と「ヤマハの無人ヘリ中国韓国へ不正輸出」だ。
正直ライブドアについての捜査がこの時期にあること自体疑わしくなる。
2つの事件の被疑者にはどのような処分が下されるんだろうか。
ハッキリ言ってホリエなんて目じゃないくらい重罰が下されないとおかしい。
私達の安全を脅かした罪は重い。

トロイの木馬は現在進行中としか思えない。

自衛隊も、「外敵にはもちろん危険を感じているが、それよりも国内に潜む工作員の方が危険」と
言ったそうな。(筆者がどっかのブログで見た言葉を引用。ソース不明)

さてここで国防について。

無責任に「平和」を叫ぶ人というのはこういう現実を目の前にして焦点を合わせないようにしてるとしか思えない。
例えば正月番組「太田光の私が総理大臣になったら」でやってた「自衛隊基地を田んぼに変える」
というしょうもないデンパ発言について真剣に考えるなら。
まず近隣の情勢から考えなければいけない。
反日精神をモットーに生きる中華思想(儒教)の国、中国、韓国。
未だに未開の土地ながら核は大好き、そして拉致大国、北朝鮮。
ふむふむ・・・危険な国に囲まれているねぇ。その上日本内部にも中国、韓国と手を組んでる共産主義者
多数。大手といわれるところはほとんど汚染されてるし。中からの崩壊ってのもあり得るね。

これでも田んぼにしますか?自衛隊は必要ないと思いますか?
日本だけ自衛隊をなくすって考えること自体ちょっと頭おかしいとしか思えない。
太田って9.11テロを「正当な抗議行動」とかも言ってたしな・・・。そういうことは1人でやってほしいな。


現状私達が平和に暮らしていられるのも彼ら(自衛隊)のおかげだということを忘れちゃダメだと思う。
近隣諸国と武力の均衡を保ってないとのほほんと暮らしていられないということを。それが国防だということを。

民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる

日本の「戦争力」

防衛白書〈平成17年版〉―日本の防衛 より危機に強い自衛隊を目指して



enokinohitorigoto at 13:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年01月16日

ウィキペディアがえらいことになってる

何気なくウィキペディアで調べ物していたら「嫌韓」という言葉にリンクが張られているではありませんか!
「おや、いつの間にこんな言葉まで・・・」と思って読んでみたら・・・

工エェ工エェ(゜Д゜(゜Д゜)゜Д゜)ェエ工ェエ工

・・・な内容になっていたので、ここでひとつ。
「嫌韓」という言葉がそこまで浸透していたのかも疑問ですし、
書いてある内容も単なる差別意識から来るもの、と大いに誤解を招きそうなものでした。
そこでせめて私はこの「嫌韓」なる言葉がただの差別主義から来る感情論ではないということを
ここに主張いたします。


以下、ウィキから引用しながら反論します。

一般の日本人からは「遅れた民族」「清潔でない怠け者の民族」などと認識・
差別
され

事実、「遅れて」いたのならこれは差別とは言いません。
彼らの言うところの最高の暮らしは「何もしないこと」です。
今でも匠の技を持つ技術者は蔑視されているそうですが。

かつて日本が
宗主国であったことから、朝鮮民族(韓民族)に対する差別意識が根強く残っているとの指摘

(´ρ`)?
併合は日韓合意の上でなされたものです。
この場合、「保護国」と言った方が適当です。
韓国にとっての「宗主国」はむしろ中国だと思います。

他の植民地同様に敗戦で強制的に手放させられたものである事から、「いつか復讐されるに違いない」という恐怖感の裏返しであるという

この理論が通るならパラオ、台湾等他の元植民地も「嫌パラオ」「嫌台湾」となるわけですが、
実際はまったく違いますよね。むしろあちらは親日国です。

また、嫌韓主義者の主な
プロパガンダ活動の場所はインターネットという声が少なくない。

それはインターネットが普及したからです。
初めて新聞が出た頃、初めてTVが出た頃、みんな当たり前のように情報収集源になっていきました。
新しい情報源、ただそれだけです。
現実にそれ以前から韓国について研究していた人はかなりいますし、
メディアがそれを隠してきたという事実もあります。
1番違うのは「プロパガンダ」ではないということです。
今時10代の子でもしっかりした意識を持ってネットを触っています。
玉石混合の情報から正しいと思うものを取り出し、時には議論し、より正しい知識を
求めていっています。
決して誰かがけしかけたとか、そういう類の感情論ではなく、
これは日本人なら知っておくべきだ、と個人個人で判断しているのです。

自分の前の世代の行為を何故自分達が謝らなければならないんだという風潮からも来ている。

こういう書き方ではいかにも誤解を呼んでくれと言っているようなものです。
実際はちゃんと理論に基づいています。
謝らなければいけないならもちろん謝ります。過去を美しくしたいというわけでもありません。
ただ、賠償問題としてはすでに日韓基本条約で済んでいます。
この事実を韓国側が国民にちゃんと知らせていないという事実もちゃんと書くべきです。
(と思ったら下の項目に記載されてました。)

本当の友好はお互いを知った上で始まります。
日本にとって重要な国であるからこそ、真実を知る必要があります。
そして「嫌韓」から腐敗した日本の姿もまた浮かび上がってきます。

日本を知る上で避けては通れない道のような気がします。

嫌韓流ディベート 反日国家・韓国に反駁する

日本人と韓国人―反日嫌韓50年の果て



enokinohitorigoto at 12:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月12日

遅ればせながら・・・正月番組『太田光の私が総理大臣になったら』

えーと正月も3日の番組でしたっけ?
だいぶ前の話題で申し訳ありませんが、観た時かなり( ゚д゚)ポカーンとなったのに
その後の「新選組!」やら「古畑」やらで忘れきってました。

とにかく番組中笑えないほど顔を真っ赤で血管浮き出して激論してたんですが
特に冒頭の議題「全国の自衛隊基地を田んぼにする」は
正直呆れる通り越して気持ち悪かったです。
途中まで「まさかこんなこと本気で言うはずがない、どうせネタだろ」と思ってましたが
「政治家は理想を語れ!」と言い出してもはや手がつけられないほどの左巻き思想だとわかりました。

多分すでにいろいろなブログでこの話題が取り上げられていると思いますが、
この思想に感銘を受けた人ってのは少なくとも現実をあまり理解してない人のように思う。
うちの母がおもしろそうに「これいーじゃん」と言っていたのがすでに示しているように・・・
(※母はバリバリの元ヒッピー)

こういうなんの論拠もない発言を繰り返すことこそ危険思想だと思いますが。
彼は一体何になりたいんでしょう?


enokinohitorigoto at 17:55|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年01月11日

北朝鮮拉致ドラマ「告白」(´;ω;`)ウゥゥ

なんだか忙しくバタバタしている間に随分日にちが開いてしまった・・・。
その間にドラマ「告白」にくぎづけになったり、HPつくったり、えとせとら。

「告白」は内容がわかっていても観ていて胸にくるものがありました。
実際自分があんな若い頃どことも知れない国に突然連れていかれて
いきなり知らない男と一緒に住めだなんて言われた日にゃ、死にたくなります。
それでも懸命に生きた曽我さん、きっと会ったのがジェンキンズさんだったことも
よかったんでしょう。
運命に翻弄されながらもひたむきに幸せを築いていったその姿勢に
考えさせられるものがありました。

そんなこんなしている内に香ばしいニュースがあちこちから。

----------------------------------

日本に報道規制を要求 中国「対中批判多すぎ」

.
 中国外務省の崔天凱アジア局長は9日、北京での日中政府間協議で「日本のマスコミは中国のマイナス面ばかり書いている。日本政府はもっとマスコミを指導すべきだと述べ、日本側に中国報道についての規制を強く求めた。

 メディアを政府の監督下に置き、報道の自由を厳しく規制している中国当局者の要求に対し、日本外務省の佐々江賢一郎アジア大洋州局長らは「そんなことは無理」と説明したという。

 日本側によると、崔局長はまた、小泉純一郎首相の靖国神社参拝問題や日本国内での「中国脅威論」の高まりなども挙げ「(日中間にあるのは)日本が起こした問題ばかり。中国は常に守りに回っている」と批判した。

 佐々江局長は「日本だけが一方的に悪いという主張は受け入れられない」と反論したが、双方の隔たりの大きさに、日本の外務省幹部は「これが日中関係の置かれている実態」と苦笑した。(共同)

----------------------------------

指導しなくてもすでにかなり中国サマサマな記事ばっか書いてますけど
最近の中国の退廃ぶりにさすがに目をつぶってられなくなったんでしょうか。
確かにマイナスなニュース多いです。
しかしよその国のマスコミ指導だなんて・・・
中国サマ、うちは儒教文化でも中華圏でもございませんよ。
顔が似てるからってひとくくりにしないでください。
だいたい「中国は常に守りにまわっている」って・・・
よくそんな発言できるよなぁ。_| ̄|○

あとこんな記事も↓
-------------------------------------

中国、ガス田開発で新提案へ 月内にも正式協議

.
 中国政府は9日、北京で開かれた日中政府間非公式協議で、東シナ海の天然ガス田問題をめぐり日本側が昨年提案した共同開発案について難色を示し、次回正式協議で共同開発についての新たな提案を示す考えを明らかにした。日本の提案に対し、中国側が直接回答を伝えたのは初めて。

 日中双方は、ガス田開発に関する第4回政府間協議を1月末か2月上旬に北京で開催する方針で合意。しかし、中国は日本側提案について「いろいろ問題がある」とけん制しており、新提案でどの程度歩み寄れるかが今後の焦点となる。

 非公式協議で日本側は、在上海日本総領事館職員の自殺問題も取り上げ、中国公安関係者の「遺憾な行為」が背景にあったとの立場を強調し、中国側に厳重抗議するとともに真相解明も強く求めた。しかし、中国側は日本の抗議に応じず、議論は平行線に終わった。

 日本側出席者によると、ガス田開発で日本側は(1)東シナ海の日中中間線にまたがるガス田は両国で共同開発(2)それ以外は中間線の東側を日本、西側を中国がそれぞれ独自に開発(3)双方が合意するまで中国側は開発作業を中止―の3点を提案している。

 これに対し、中国側は中間線の自国側にあり生産準備が整っているとされる「白樺」(中国名・春暁)ガス田などでの共同開発には応じないとの立場を変えず、難色を示したとみられる。

 非公式協議には日本側から佐々江賢一郎外務省アジア大洋州局長、小平信因資源エネルギー庁長官、中国側は崔天凱外務省アジア局長らが出席した。(共同)

-----------------------------------------------
こんな親切な、というかこれが1番双方納得いく形であろう提案をいとも簡単に蹴るその姿勢。
そもそも勝手に開発始めたのはどちらさまでしたっけ・・・。


最後にこのニュース↓

------------------------------------------

応じなければ圧力強める 安倍氏、拉致容疑者身柄引き渡しを

.
 安倍晋三官房長官は8日のテレビ朝日番組で、中華料理店店員の原敕晁さん拉致事件に絡み、北朝鮮が元工作員、辛光洙(シン・グァンス)容疑者の身柄引き渡しに応じない場合、「対話の場で誠実な対応をしないなら圧力を強めるのは当然だ」と述べ、北朝鮮側をけん制した。辛容疑者については警視庁が国際手配している。

 安倍氏は辛容疑者に関し「日本での拉致のオペレーションで重要な役割を果たしていたのは間違いない。日朝交渉で(身柄の)引き渡しを強く要求したい」と述べた。(共同)

----------------------------------------------

英雄扱いしてたらサイアク。


北朝鮮拉致工作員

拉致―北朝鮮の国家犯罪

これでもシラを切るのか北朝鮮―日本人拉致 続々届く「生存の証」

横田めぐみは生きている―北朝鮮元工作員安明進が暴いた「日本人拉致」の陰謀

告白



enokinohitorigoto at 17:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月03日

里見八犬伝・・・??

あけましておめでとうございます!
今年も独り言色々つぶやいていきます。
新春一発目は楽しみにしていた『里見八犬伝』の感想・・・。

つか、なにこれ??

オリジナルじゃないですか!!

浜路は死んでないし、大角なんでか城に仕えてるし、
いや、まだまだつっこむとこはあるけど・・・何より、何よりおかしいのは

八犬伝なのに八房(犬)が出てこないことだ!!

でも玉梓(カンノ)かなりいい味出てました。
後編もっといろいろツッコミどころ満載なんだろうけど
明日は・・・
「新選組!」と「古畑任三郎」・・・3つもカブってんだよぉーー。゚゚(>ヘ<)゚ ゚。ビエェーン
もちろん「新選組!」はハズせないので見るけど・・・

あーあ・・・もっとズラしてくれ・・・。
とにかく、八犬伝の原作を読んでない方。
あのドラマでストーリーを語ろうと思っちゃいけません。
あれは監督と脚本の創作です。
決して滝沢馬琴著ではありません!



enokinohitorigoto at 01:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月30日

今年のまとめ

あっという間に2005年が終わってしまいます。
私的な事柄で言えばブログを立ち上げたのもそうですが、
自分が住んでる日本のこと、自分が日本人であることを
より強く意識する年でもありました。

去年の今頃なら、疑いもなく報道ステーションを観て
お菓子食べながら「ふ〜ん」とつぶやいているだけだったでしょう。
もちろん、今でもそれでいいと思う部分もあります。
大体ニュースにいちいち感情移入していたら
疲れてしまいますから。
だけど、

嫌な事件も、嫌なニュースも、
「ああ、いやだ。かわいそうね。」で終わり。
自分には直接関係ない。誰かが丸く治めてくれればいいんじゃないの。

それで終わるのはもう嫌でした。

例えば靖国参拝問題。
管理人が時事専用ブログを立ち上げるきっかけになったのもこれですが、
何故中国、韓国がそれ程に他国の首相が戦争犠牲者を参拝することを
嫌がるのが、TVだけではそれを知ることが出来なかった為、ネットで情報を
得ることになりました。
しかしそこで見たのは、靖国問題に留まらず、
網の目のようにつながる闇でした。
靖国、従軍慰安婦、強制連行、日本の主要メディア、在日問題・・・・
今後もこれらの問題を始め、自分なりに調べ、意見を述べたいと思っています。

愛国主義だとか、ネット右翼だとか、そんなケツの穴の小さいこと言ってないで
ただ真実を知る努力をしよう。それだけ。



enokinohitorigoto at 18:49|PermalinkComments(1)TrackBack(1)

2005年12月26日

男たちの大和/YAMATO観賞!

84fc7645.jpg

(´Д`)はぁ〜観てきちゃいました、「男たちの大和」
こういう歴史モノは大抵年表追うのに必死で映画になってないものが
多いんですが(ゾルゲとかゾルゲとかゾルゲとか)
純粋に映画としておもしろかったです。

反町がやたら腹の下のとこから声が出ててちょっと気になったぐらいで
後はおおむね出演者の演技はよかったです。(偉そう)
名も知らぬ特攻隊員達の演技もいいですね〜熱いっ

お話は第二次世界大戦(大東亜戦争、太平洋戦争)も終わりに近い
昭和20年3月〜4月にかけての出来事。
浮沈艦と言われた戦艦大和と共に散った日本の英雄達を描いています。

「守りたい」と思うものがあるからこそ強くなれる。
日本の特攻隊は今でも東南アジアの方では英雄伝説として
語り継がれているそうです。↓
【パラオの大和魂】http://www.tamanegiya.com/paraototujimoto.html

個人的にはこのパラオの話を映画化してほしい。↑

特攻からの生還―知られざる特攻隊員の記録

いま特攻隊の死を考える

パラオ パシフィック パラダイス―海がもっと好きになる海



enokinohitorigoto at 17:39|PermalinkComments(1)TrackBack(2)

2005年12月20日

珍発見♪

cf50e55f.jpg

わ〜おっっ
あの変態おじさんが地味〜に復活してました。
【ツカサのセミナー情報:勝ち組、価値組になるための自己実現セミナー】
http://www.222.co.jp/seminar/

工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工

まず「勝ち組」じゃない人を講師に入れてる時点でどうかと・・・。



enokinohitorigoto at 15:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)