中国について

2006年01月25日

日本の陸上自衛隊ミサイル研究データが総連団体に流出

以下抜粋----------------------

日本の陸上自衛隊の最新型地対空ミサイル・システムに関する研究開発段階のデータなどが、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)傘下の在日本朝鮮人科学技術協会(科協)に流出したと、日本の産経新聞が24日報じた。

 同紙は「データはすでに北朝鮮に送られているとみられる」とし、「警察当局は資料の流出経路などについて捜査を進めている」とした。

 同紙によると、科協が入手したデータは日本が2003年から配置し始めた「03式中距離地対空誘導弾システム」(中SAM)の戦術弾道弾の防御能力に関する研究開発シミュレーション。

 三菱総合研究所が1995年4月20日に作成したもので、ミサイル・システムの運用構想、要撃高度、要撃距離、援護範囲、戦闘爆撃機に対する性能などが記載されている。

 ミサイル開発は1994〜95年、日本防衛庁の技術研究本部が行い、三菱電機、三菱重工、東芝など日本国内の大手防衛関連企業が参画していた。

 同紙は「結果的に、配備が始まっている中SAMでは戦術弾道弾への対処能力を考慮しての設計は行われなかったものの、この資料に記載されている戦術弾道弾に対する要撃高度や援護範囲などの考え方からは、陸自が中SAM以降の地対空ミサイルシステムで整備を進めるとみられる戦術弾道弾への対処能力を予測できる」とし、「北朝鮮側に対抗手段を示唆しうる内容」と説明した。

 日本は現在、北朝鮮の「ノドン・ミサイル」など弾道弾を防御するための装備を開発している。

 日本の警視庁公安部が昨年7月、無許可で医薬品を販売したとして、朝鮮総連傘下の科協事務所を家宅捜索しているが、この過程で同資料が発見された、と同紙は報じた。日本の警察は、2004年にも北朝鮮とイランに精密機器を不法輸出する過程で科協の元幹部の関与を摘発している。

朝鮮日報
----------------------------引用ここまで

どうやら流出過程は、防衛庁が委託していた三菱電機から更に三菱総研へ、
三菱総研から在日本朝鮮人科学技術協会(科協)へ、そこから在日本朝鮮総連合会へ渡ったとみられています。
問題は「三菱総研→在日本朝鮮人科学技術協会」のルートですな!!
三菱総研はもちろん名前から在日企業であることを知っていたでしょう。
そしてバックに朝鮮総連がいることだって知っていたでしょう。
知らなかったではすまされない重大責任です。
相手が国を挙げて日本をどうにかしてやろうと企んでる連中だということを承知でやっていたのなら
売国奴もいいとこですYO!!ヽ(`Д´)ノ
ヤマハの無人ヘリ不正輸出問題にしたって
「あれだけでは無害である」なんてオバカなこと言えるのが日本の知識人とか言われてる人達なんですか。
そのヘリの中身に着目してよ。
日本の最新機器がまたパクられるんだよ!!
そして日本では絶対利用されない軍事用にちゃあんと改造してしまうんだわ。
なにせ中国の軍が関与していることは警察もすでに把握しているってんだから。
私のようなバカでも、どういうことだかわかるハズ。
今もメディアはライブドア問題に終始してるけど、日本国民の安全と知る権利を考えれば
このようなニュースがTOPで飾られておかしくないはず。
特に「NHK」「TV朝日」「TBS」がこのニュースをどう取り上げるのかすごく見物。

さすがに韓国もお隣の緊迫した情勢に危機感を抱いているのか、
はたまた「我らの同胞が日本人からデータを盗んだ!」と喜んでいるのか、
朝鮮日報にも取り上げられましたな。どういう反応してるんだろ。
日本と北朝鮮が戦争になったら自分達だって大変なのに。



enokinohitorigoto at 12:50|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年01月24日

外相演説 「過去こだわりすぎず」 対中、成熟した関係強調

以下抜粋-------------------

麻生太郎外相は20日午後、衆参両院の本会議で外交演説を行った。外相は小泉純一郎首相の靖国神社参拝に対して反発を続けている中国について、「中国の人々の過去をめぐる心情を重く受け止める」との考えを示すとともに「中国の人々に対しては、過去の問題にこだわりすぎることなく、冷静に大局を見据え、共に成熟した友人として切磋琢磨(せっさたくま)する関係」を築いていく必要があるとの考えを強調した。

 ≪外交演説の要旨≫
 【日米関係】米国との関係はわが国外交の要。「世界の中の日米同盟」を強化していく。在日米軍再編は日米安保体制の信頼性を高めるための重要な取り組みだ。昨年10月の中間報告を踏まえ、実施日程を含む具体的計画について米側と協議していく。その際沖縄県をはじめ地元の負担軽減に最大限努めなければならない。

 【近隣諸国との関係】日中関係の発展は基本方針の一つ。日本人は、中国の人々の過去をめぐる心情を重く受け止め、中国の人々に対しては、過去の問題にこだわりすぎることなく、冷静に大局を見据え、共に成熟した友人として切磋琢磨(せっさたくま)する関係を築くことを呼び掛けたい。韓国の人々の過去をめぐる心情を重く受け止め、人道的観点から過去に起因する諸問題に真摯(しんし)に対応していきたい。

 北朝鮮をめぐっては、日朝平壌宣言に従い、拉致、核、ミサイルといった諸懸案を解決し、過去を清算することにより、国交正常化を目指すのがわが国の方針だ。拉致問題を含む諸懸案の包括的解決なくして国交正常化はない。先の日朝政府間協議で一致した並行協議を早期に始め、対話と圧力の考えの下、誠意ある対応を北朝鮮から引き出す。6カ国協議を通じ、核問題の平和的解決を目指す。

 【国連の機能強化のための改革推進】安全保障理事会改革が第2段階へ入った今年、改革へ向けこれまでの成果と課題を踏まえG4(日本、ドイツ、インド、ブラジル)の間での信頼関係を維持しつつ、米国と協議を進めていく。国連分担率を地位と責任に応じたものとするよう国連行財政改革にも取り組む。

 【ODAの戦略的・総合的・機動的な活用】政府開発援助(ODA)を戦略的・総合的・機動的に活用し、2国間関係や国際環境を改善していく必要がある。首相の指導の下、外相が中心となって援助を実施する今の態勢をさらに強化する。

【2006/01/21 東京朝刊から】

---------------------------------引用ここまで

>日中関係の発展は基本方針の一つ
とは言うけれど影で着々と何かを企んでいる様子・・・。
ヤマハの事件といい、東シナ海の緊張といい。
そして手を組んでいるのかしらないけど
同じくヤマハの輸出先にあった韓国。
あと朝鮮総連が自衛隊機密を知っていたこと。
よくないことがライブドアに隠れていろいろ起こってます。
私ら一般市民はこれらの問題に対処するにはどうしたらいいのか??
っていうよりあまりにも周囲に危機感がなさすぎる。
沿岸地域では「国民保護法」なるものもいつのまにか出来初めているこの現実に
もう少し目を向けるべきではないでしょうか?



enokinohitorigoto at 12:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年01月20日

高村元外相、首相の靖国参拝を批判

だんだん批判する人もワンパターンになってきました。
何故かどこにでも加藤紘一がいる不思議さ。

以下抜粋----------------

自民党の高村正彦元外相は18日、CS放送「朝日ニュースター」の収録で、小泉首相の靖国神社参拝について、「戦争美化の気持ちがないことはわかるが、外国の誤解を解くことが大変。なぜ反対するかわからない、ではすまない話だ。日本の政治家として配慮して頂きたい」と批判した。加藤紘一元幹事長も同番組で、「靖国問題と、それに端を発する日中問題は単に『心の中の問題』で片づけられない」と批判した。

 高村氏は「靖国参拝を総裁選のテーマにしたのは元々、小泉総理。橋本氏と争ったとき、橋本氏が争点にするのを避けて言葉を濁したのに対し、小泉さんは参拝の姿勢を明確にし、票が小泉さんに大きく流れる要素になった。心の問題を政治の問題にしたのは小泉総理だった」と指摘した。

--------------------引用ここまで

小泉さんは参拝の姿勢を明確にし、票が小泉さんに大きく流れる要素になった。
ということはどれだけの国民が首相の参拝を指示しているかわかるでしょー。ヽ(`Д´)ノ

祀られているのはかつての首相が命令して命を投げ出させた方達です。
それを歴代の首相が参拝するということは国の過去の責任、これからの義務を
明確に位置づけるために必要だと思います。
お隣さんがうるさいからってだけで安易にやめさせるな!!



enokinohitorigoto at 12:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年01月19日

南京事件、ハリウッド映画に…メリル・ストリープ出演

読売新聞の記事です。
(;゚д゚)・・・・・。

以下抜粋-------------------

【上海=加藤隆則】旧日本軍による1937年の南京事件を題材にしたハリウッド映画の制作が決まり、来年12月の事件70年に合わせ、世界で同時公開されることが明らかになった。
Click here to find out more!

 18日付の上海紙「文匯報」が報じた。

 同紙や制作協力する江蘇省文化産業グループによると、映画のタイトルは「南京・クリスマス・1937」で、当時、南京にいた米国人宣教師の目を通して、旧日本軍が行った中国人への殺害行為を描くストーリー。クリント・イーストウッドが監督を務め、同氏と「マディソン郡の橋」で共演したメリル・ストリープの出演が予定されている。

 中国では旧日本軍が南京を包囲した12月13日を「南京大虐殺記念日」としており、70年にあたる来年は、各種行事が行われる予定。

2006年1月18日23時23分  読売新聞)

---------------------引用ここまで

いつの間にか南京事件に変わってますが(大虐殺から事件への論争の結果ですが
何ひとつ謝罪せずこういう形になったことに憤りを感じる・・・)
相変わらず記念日は「大虐殺」なんですね。
そしてなんでハリウッドなんですかね。
ネタがなくなったんでしょうか。

・・・・・・。

・・・・・・・・・・・。


右ストレートッッ!!( ●゜Д゜)━●)´Д`)・:'.がぁッ!

SAYURIの駄作ぶりを見るにつけコレもはっきり言って愚作となること間違いなし。
旧日本軍が行った中国人への殺害行為を描く
こんな話誰が見るの?
大体日本人役には誰が出るの??
出演する日本人俳優がいたら申し訳ないけど軽蔑させていただきますよ。

南京事件「証拠写真」を検証する

再審「南京大虐殺」―世界に訴える日本の冤罪

「南京大虐殺」はこうして作られた―東京裁判の欺瞞


enokinohitorigoto at 12:36|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年01月13日

日本の割り箸がピンチ、中国側が大幅値上げを要求

以下抜粋------------------

森林保護の一助に、有料化推進を―本間俊典(週刊エコノミスト編集委員)

 たかが割り箸、されど割り箸・・・・・・。日本の割り箸(ばし)業界が、いま大変だという。主要輸入先の中国から大幅値上げ要求を突きつけられ、そのコスト負担をどこでするか、頭を痛めているのだ。われわれ消費者も、日常生活で何気なく使い捨てている割り箸について、それでいいかどうか本気で考えるべき時期にきている。それほど奥行きのある問題なのだ。

 いろいろ調べてみると、日本の年間輸入量は約240億膳。膳というのは、割り箸1本のことで、日本の人口で割ると200膳。日本人は年間で200本の割り箸を消費している計算だ。そんなに使っているかなあ?

 割り箸業界もご多分にもれず、国内製造のコスト高からコスト安の中国へ進出。現在は99%が中国からの輸入で賄っている。原材料は中国東北部のシラカバ、同南部のタケだが、近年、中国の森林伐採の行き過ぎで反省の機運が高まり、やたらに伐採きなくなった。このため、中国でも原材料の3割ほどはロシアなどからの「輸入材」が占め、中国でそれを加工、輸出しているのだ。

 こうした事情を背景に、現地の生産者が2005年12月と06年3月の2回、合計で5割の大幅値上げを要求、または予定しているものだが、「中国側は、日本と妥協してまで割り箸を輸出する意向はなさそうだ」(業界筋)との観測が強く、値上げを呑まざるを得ない状況という。

 では、日本側は誰が負担するか。現在、割り箸はコンビニエンスストア、スーパー、ホームセンター、外食産業などが主要な消費地で、大半は弁当などの価格に盛り込まれ、消費者は「割り箸はタダ」という意識が強い。これまでは輸入業者や消費産業などが弁当などの販売コストに含めていたが、それもボツボツ限界に来ているようだ。

 それでは、消費者に価格転嫁できるだろうか。私はこの際、「転嫁キャンペーン」とでも言うべき運動が起きてもいいと思う。仮に転嫁しても、現在の小売り価格は1膳で3−4円だから、4−5円程度になるだろうか。コンビニで「割り箸、お付けしますか」と聞かれて、「お願いします」という客に4−5円を払ってもらうのだ。払いたくない客は、自分の箸を常に持ち歩けばいい。

 「タダ」から「有料」へ目に見える形で転嫁するには、消費者にとって抵抗感があるかもしれない。しかし、07年からはポリ袋も有料化される見通しであり、割り箸にしても、韓国や台湾ではすっかり影をひそめ、金箸や塗り箸に置き換わっているという。日本だけ、できない理由があるとも思えない。

 現代日本は、世界でもずば抜けた「衛生国」になっている。割り箸も白いのが主流で、色の黒いのや原木のコブが見えているようなのは受け付けられないという。本来、割り箸という道具は、家や家具を作る際に余った木を使っていたはずだが、いつの間にか「高級材」の世界になっていた。どんな箸で食事をしても味は変わらない、にもかかわらず。

 日本割箸輸入協会(大阪市)では、こうした日本人の「高級」志向をどう変えるか、さまざまな対策を検討中だ。さすがに、中国政府も自然環境対策の重大さに気づいてきた。日本のNGOなどによる中国での植林事業が盛んだが、今回の割り箸問題はそれとは別な、もっと身近な貢献もあることを示唆しているように思う。(執筆者:週刊エコノミスト編集委員 本間俊典)

-------------------引用ここまで

まぁ、早速脅しにかかってきましたが、この際MY箸を持つってことで
OKじゃないでしょうか。
中国を頼りにしない為&環境の為にも。
我が家では割り箸もそのまま菜箸として使用していますがww
ただ、
どんな箸で食事をしても味は変わらない、にもかかわらず。
これはちょっと違うと思います。
逆に割り箸よりMY箸の方がおいしいでしょう。
割り箸ってなんかささくれだってるしご飯粒つくしであんま好きじゃありませんし。


enokinohitorigoto at 17:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月22日

朝日より--中国の軍事力「かなり脅威」 麻生外相--

以下抜粋-----------

麻生外相は22日の記者会見で、中国について「隣国で10億の民を持ち、原爆を持ち、軍事費が連続17年間、毎年二ケタ伸び、内容も極めて不透明というのなら、どんなことになるか。かなり脅威になりつつある。そういう意識がある」という認識を示した。

 また、民主党の前原代表が中国の脅威に言及していることについて「(軍事費の)透明性の点で不信感をあおることになっている。前原氏が言っているのは確かだと思う」とも述べた。

 中国の軍事力増強について、これまで小泉首相は「透明性を高めることが極めて重要」、麻生外相も「軍事面での透明性に欠ける」などと述べてきたが、「脅威」とは明言してこなかった。

-------------引用ここまで

(*^ー゚)b グッジョブ!!
経済危機に瀕しているというのに軍事費が伸びている事態というのは
相当危険だと思います。
反日感情が高まっているとされている中国国内では
「日本を許すわけにはいかない。経済制裁を加えたらどうか
by.mumurブログ
なんて全く回りが見えていない発言さえ出ているそうですが
経済制裁で苦しむのはどちらかというと中国だと思います。
中国からの輸入も中国へ進出している企業も多いですが
日本経済、及び日本国民の為に果たしてなっているのか疑問です。

昔から中国産には不良品が多いし、農作物には農薬たっぷりです。
こないだも寄生虫入りキムチ発見されたばかりですし。
むしろ経済制裁してくれれば日本も安全な食べ物を自分達で作れるように
なれるってもんです。
無農薬野菜が最近になってようやく認められてきましたけど
日本にはそういう少し高くてもレベルの高いものを作りあげる力があるんです!
もし中国との輸出入のやりとりがなくなれば自然国内でそういう動きが出てくるかもしれません。

でも経済制裁をもし中国が日本に対して発動したら(万にひとつもありませんが)
それが中国経済崩壊のステップ,もしれません。
そうしたらきっと逆ギレしてくるでしょう。
「お前らが土下座しないから仕方なく経済制裁したらオレんとこがめちゃくちゃだ!
どうしてくれるニダ!?謝罪しろ!金を出せ!」

・・・・アレ?(´ρ`)


中国農民の反乱 ――隠された反日の温床

中国の安全保障戦略

軍事帝国中国の最終目的―そのとき、日本は、アメリカは…



enokinohitorigoto at 12:56|PermalinkComments(0)TrackBack(4)

2005年12月21日

朝日より--日中関係、「政冷経熱」が「政冷経涼」に 新華社通信--

以下抜粋--------

中国の国営新華社通信は19日、今年の日中関係を振り返る論評を発表した。小泉首相の靖国神社参拝によって冷え込んだ政治関係が、経済や貿易関係にも悪影響を与え、「政冷経熱」が「政冷経涼」に変わりつつあると指摘した。

 論評は、今年1〜8月の中国の貿易総額が23.5%伸びたのに対し、対日貿易額は10.3%増にとどまったことを指摘。「経済的な補完性が強い中日両国の経済、貿易協力のテンポが鈍っているのは非常に残念」とした。

 日中関係は国交正常化した72年以来、最悪の「厳冬期」にあるとの認識を示し、「小泉首相が全責任を負うべきだ」とした。環境やエネルギー、安全保障などの問題で「両国が国際社会で果たすべき役割を十分に発揮できていない」と指摘した。

---------------------------引用ここまで

こんなの最初からわかってたことでしょうに。
中国を魅力的な市場と騙した日本のマスゴミに責任があるのでは?
みんなここ(中国)に投資してもいいことないってことに気づいたのでは?

>「小泉首相が全責任を負うべきだ」

なぜそう責任をなすりつけるんでしょうかね。
隣の国と大してかわらんな。
それを言うなら内政干渉してることに気づかない
(気づいてやってるフシあり)
中国サマサマに責任はないんでしょうかね。

↓表紙が強烈ですが(まだアマゾンではNO IMAGEです)
  とっちゃえば結構読めます♪

嫌韓流 実践ハンドブック 反日妄言撃退マニュアル


その他日中関係資料↓
ニッポン人なら読んでおきたい靖国神社の本

新聞・テレビはどこまで病んでいるか―「靖国」「教科書」「小泉改革」報道他



enokinohitorigoto at 10:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月19日

中華思想について

中国、韓国について議論する上で「中華思想」はあまりにも有名です。
有名な保守系ブログへ行けばどこでも知ることができるほどですが、
とりあえず自分なりにまとめてみます。
 
まず、中華というくらいだから中国におけるそれが主体です。
ウィキではこのように説明されています。↓
中華思想(ちゅうかしそう)とは、中国(中華)が世界の中心であり、その文化、思想が最も価値のあるものとし、漢民族以外の異民族を、「化外の民」として見下す思想のこと。華夷思想ともいう。
 
まさに、中国にとってはウルルではなく中国こそが「世界の中心」なわけです。(* ´∀`) ノシ
この中華視点で見れば、中国が親、そして古来から中国の属国であった朝鮮はその息子、
そして少し離れた島国、日本はさらにその弟分にあたる、と言うわけです。
 
次に、韓国ですが、一応朝鮮というくくりで説明します。(北も含め)
前途したように中国の属国であったわけですが、これが、大中華(中国)を敬い、
従うという意味で「小中華思想」が朝鮮全体に根付いてます。(北はよう知らんが)
この小中華思想の元、「父(中国)の言うことはしょうがないからなんも言わないけど
弟(日本)のくせに生意気言うのは許せん!」となるわけです。
 
こんなとこで合ってるのかな??
間違い気づいた方教えて下さい。
 
(´・ω・`)つ旦 小休止・・・。
 
この中華思想に取り込まれた小中華思想の危険性に
早くから気づいた日本人がいます。
それが聖徳太子です。
彼の人の言葉「日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す、
恙なきや」とは当時から中華(シナ←あらやだ、漢字変換できないわ)
思想にまみれていた中国はもちろん頂点に君臨する人物が一番えらく、
その人こそ「日出づる処の天子」なわけです。
しかし、これに対抗した、というか「そっちが中華思想なのはかまわないが、
こちらもこちらで頂点はいる。あんたらの国の一部として考えてもらっては困る」
という意味合いで書状を送りつけた聖徳太子こそが「日出づる処の天子」であり、
中国(シナ)を「日没する処の天子」としたのです・・・・というのは私の見解ですのであしからず。
 
聖徳太子の発言についてはいろんな方の考えがあります。
ただその当時の情勢を考え、日本という国がまだ不確かだった時代に中華思想に
安易にこびるのは危険だと考えるのは大いにあり得ることですし、
また、先見性のある優れた政治家であったと思います。
 
 
その後も福沢諭吉や、本田宗一郎など著名人でも
「中国、朝鮮とかかわるな」という発言も見られます。
民間人レベルでいったらもっとすごい数の人がそう感じているんではないでしょうか。
特に工場経営などされているとこは外国人労働者を雇う機会が多いと思いますが、
「弟(日本)にならなにやったって平気」という思想の元では
(まともに働いている中国人、朝鮮人の方には失礼ですが)
いつ、なにが起きてもおかしくないんではないでしょうか?
 
今一度、この中華思想についてマスコミ各社取り上げてほしいものです。
そこにこそ、反日の真髄があるように思います。

人気ブログランキング
 


enokinohitorigoto at 16:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)