2006年01月25日

日本の陸上自衛隊ミサイル研究データが総連団体に流出

以下抜粋----------------------

日本の陸上自衛隊の最新型地対空ミサイル・システムに関する研究開発段階のデータなどが、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)傘下の在日本朝鮮人科学技術協会(科協)に流出したと、日本の産経新聞が24日報じた。

 同紙は「データはすでに北朝鮮に送られているとみられる」とし、「警察当局は資料の流出経路などについて捜査を進めている」とした。

 同紙によると、科協が入手したデータは日本が2003年から配置し始めた「03式中距離地対空誘導弾システム」(中SAM)の戦術弾道弾の防御能力に関する研究開発シミュレーション。

 三菱総合研究所が1995年4月20日に作成したもので、ミサイル・システムの運用構想、要撃高度、要撃距離、援護範囲、戦闘爆撃機に対する性能などが記載されている。

 ミサイル開発は1994〜95年、日本防衛庁の技術研究本部が行い、三菱電機、三菱重工、東芝など日本国内の大手防衛関連企業が参画していた。

 同紙は「結果的に、配備が始まっている中SAMでは戦術弾道弾への対処能力を考慮しての設計は行われなかったものの、この資料に記載されている戦術弾道弾に対する要撃高度や援護範囲などの考え方からは、陸自が中SAM以降の地対空ミサイルシステムで整備を進めるとみられる戦術弾道弾への対処能力を予測できる」とし、「北朝鮮側に対抗手段を示唆しうる内容」と説明した。

 日本は現在、北朝鮮の「ノドン・ミサイル」など弾道弾を防御するための装備を開発している。

 日本の警視庁公安部が昨年7月、無許可で医薬品を販売したとして、朝鮮総連傘下の科協事務所を家宅捜索しているが、この過程で同資料が発見された、と同紙は報じた。日本の警察は、2004年にも北朝鮮とイランに精密機器を不法輸出する過程で科協の元幹部の関与を摘発している。

朝鮮日報
----------------------------引用ここまで

どうやら流出過程は、防衛庁が委託していた三菱電機から更に三菱総研へ、
三菱総研から在日本朝鮮人科学技術協会(科協)へ、そこから在日本朝鮮総連合会へ渡ったとみられています。
問題は「三菱総研→在日本朝鮮人科学技術協会」のルートですな!!
三菱総研はもちろん名前から在日企業であることを知っていたでしょう。
そしてバックに朝鮮総連がいることだって知っていたでしょう。
知らなかったではすまされない重大責任です。
相手が国を挙げて日本をどうにかしてやろうと企んでる連中だということを承知でやっていたのなら
売国奴もいいとこですYO!!ヽ(`Д´)ノ
ヤマハの無人ヘリ不正輸出問題にしたって
「あれだけでは無害である」なんてオバカなこと言えるのが日本の知識人とか言われてる人達なんですか。
そのヘリの中身に着目してよ。
日本の最新機器がまたパクられるんだよ!!
そして日本では絶対利用されない軍事用にちゃあんと改造してしまうんだわ。
なにせ中国の軍が関与していることは警察もすでに把握しているってんだから。
私のようなバカでも、どういうことだかわかるハズ。
今もメディアはライブドア問題に終始してるけど、日本国民の安全と知る権利を考えれば
このようなニュースがTOPで飾られておかしくないはず。
特に「NHK」「TV朝日」「TBS」がこのニュースをどう取り上げるのかすごく見物。

さすがに韓国もお隣の緊迫した情勢に危機感を抱いているのか、
はたまた「我らの同胞が日本人からデータを盗んだ!」と喜んでいるのか、
朝鮮日報にも取り上げられましたな。どういう反応してるんだろ。
日本と北朝鮮が戦争になったら自分達だって大変なのに。



enokinohitorigoto at 12:50│Comments(1)TrackBack(0)今日のニュース | 中国について

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Karen Millen USA   2014年04月07日 12:54
Painting skirting boards is a job that willwhich will most probably take you the whole day, once you take drying times Karen Millen USA in to consideration, but should only take a few hours of your time to actually do, though this えのきの独り言:日本の陸上自衛隊ミサイル研究データが総連団体に流出 - livedoor Blog(ブログ) does depend on the size of the room!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔