2006年01月13日

台湾も「ストップ・ザ・韓流」

以下抜粋----------------------

 中国に続き、台湾でも韓国ドラマ放映の制限を始めるなど、反
「韓流」や「韓流封じ」の動きが中華圏に広がっている。

 「台湾新聞局の姚文智局長は10日、立法委員会(国会)の答弁で、外国から入ってきたドラマに対して午後8時から10時までのゴールデンタイム放送を禁止または制限する案を検討中と述べた」と香港文匯報が11日に報道した。

 これは韓国からの輸入ドラマ
『宮廷女官チャングムの誓い』(原題『大長今』)や『フルハウス』などが大人気を呼び、台湾の放送界を席巻していることに対する牽制措置と見られる。

 しかし政界では賛否両論で、郭素春立法委員は「過ちを改めるというレベルを通り越し、別の過ちをもたらすこともありうる」とし、「それならばいっそのこと台北空港を閉鎖しろ」と主張した。姚局長は議論が拡大すると「台湾の映画やテレビドラマ産業保護のためにこのような案を検討中で、まだ最終決定したわけではない」とした。

 また「中国のテレビ・ラジオ・映画などメディアを統制する広電総局は、韓国ドラマに対して厳格な審査を行い、放送数を去年より最大50%まで縮小するという方針を先日決定した」と新華通信が報道している。

朝鮮日報


---------------------------引用ここまで

(´ρ`)?
ブッサイクな男が出てるので観てませんが、台湾にも進出してるんですかぁ、チャングム。
それは中国サマにはえらい迷惑な話でしょうね。飼い犬にかまれたみたいな気持ちでしょう。

「過ちを改めるというレベルを通り越し、別の過ちをもたらすこともありうる」
この「過ち」ってのはなにを指しているのかこの記事ではサパーリなんですが。
韓国のことだから都合よく自国にいい歴史表現なんかを使っているんでしょうか?
実際、超反日的ドラマなど日常茶飯事らしいのであり得ないことではないですね。

【厳選!韓国情報★こんなん放送できっこない!韓国反日トンデモドラマ】
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/d1575011e07b3517da66f730f113b54f

嫌韓流 実践ハンドブック 反日妄言撃退マニュアル

マンガ嫌韓流

マンガ嫌韓流の真実!



enokinohitorigoto at 17:02│Comments(0)TrackBack(0)今日のニュース | 韓国について

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔